ちょこっとバイリンガル

この度はママ活パークへお越しいただきありがとうございました。今回の講座が、皆様の子育てにおける「英語の取り組み」を考えるきっかけになっていたら嬉しいです!
このサイトは当日のトークショーで御覧頂いたプレゼンのスライドと、トークショーの中でご案内した各種サービスへのリンクをご紹介しております。

ご紹介サイトのリンク集

プレゼンスライドギャラリー

スライド1
スライド1

5歳以降は日本で育ち、お母様による英語の取り組みでバイリンガルに。

スライド2
スライド2

アメリカの大学で「第二外国語としての英語をどのように教えるか」という『英語教授法』を専門的に学び、卒業後も英語教師としてのキャリアを極め中!

スライド3
スライド3
スライド4
スライド4

実は「バイリンガルとはこういう人」という明確な定期は存在しません。国によっても「バイリンガル」の捉え方は違っていて、片言しゃべれるレベルでも「俺バイリンガルだよ」と言っちゃってる国もあるとか。。

スライド5
スライド5

「英語が喋れるかどうか」ということよりも、様々な国の文化や日本と異なる価値観に対して、『壁』を作らないという多様性のある姿勢を持っている人、、という感じ。 喋ることよりも、人間性の方が大切。

スライド6
スライド6

こんな流れで話をすすめたいと思います

スライド7
スライド7

早い方がよい、というのは事実です。その理由は・・

スライド8
スライド8

英語の発音がネイティブのように聞き取れる「英語耳」を作るという意味では、0歳代に言語聞き取り能力の発達が終わるため、0歳代が重要。しかし、英語がネイティブのように聞けることよりも、英語の取り組みにおいて最も障害となるのは・・・

スライド9
スライド9

英語の取り組みで最も大きな障害になるのはこの「情意フィルター」というもの

1/4